名義人じゃなくても車査定に出せるの?

車査定

車には所有者があります。

基本的には車を購入した人が所有者であり名義人となります。

でも、親に購入してもらった車に乗っていたり夫が購入した車を妻が乗っていたりする場合は名義人と使用者が異なることになります。その自分の名義ではない車を売却したい場合には、委任状を用意することになります。でも、査定をするだけなら特に用意する書類は要りません。

配偶者が査定をするのはそんなに珍しいことではありませんので、車検証と自身の身分証明に運転免許証などを提示できれば特に問題はありません。

しかし本当に他人である場合、たとえば友人の車を査定にだすとなると買取業者も盗難車ではないかと疑う場合もありますので、委任状を持っていくのが無難な方法です。

また、今では多くの買い取り業者がインターネットを利用した車査定を行っていますので、大まかな金額だけならこれを利用する方法もあります。他人名義の車を売るには数々の書類を用意する必要がありますが、車査定だけなら比較的お手軽に出来ます。

▲ページトップに戻る