モデルのセドリには信託状が必要です

自動車を売却すると言うことは、単に自動車自体だけではなく、明記関係の資料が必要です。資料の弱い自動車は名義改編できませんから、買い受ける事は出来ません。売買には必ずや様々な資料が必要になります。こういうセンターの一つにバトンタッチ状があります。名義改編などの明記は、基本的に消息筋本人が行う事になっていますが、そうすると名義改編などでは旧所有者と新所有者がいっしょに行って進め方しなければならない件になり、現実的ではありません。この為に代理人に割り付けるためにバトンタッチ状を作ります。自動車の明記専用の書式があり、他のことには流用できないようになっています。一般にバトンタッチヤツを空白にした無心で渡しますがこれは実に進め方にいくパーソンが決まらないので仕方ないと言えます。殊にモウマンタイです。平均売却時には1枚若しくは2枚のバトンタッチ状を作って渡します。必ず実印を捺印して印章サインをプラスする。印章サインは授与から3ヶ月以内のものである必要があるので、出来るだけ新しいものを用意して下さい。からきし猶予がないとアッという間に月日が切れてしまう。これは1枚で問題ないです。残余に手渡す必要はないでしょう。また本人が自著する必要がありますが、その際に人名やエリアを印章認可の記載と同じになるように気をつけてください

▲ページトップに戻る